お得商品・サービス

【独女通信】大人だって泣きたい! 大人だから泣きたい!

落札できた方にもできなかった方にもプレゼントあり♪【禁断の福袋コレクション】「当店自慢の...
泣きたい大人・泣けない大人が増え続けているらしい。耐え忍ぶことが美徳とされる文化の中で育った日本人は、感情を上手に表現する事にコンプレックスがあるのだろうか?

仕事で悔しい思いをした時や、人間関係がもつれて悲しい思いをした時、「泣いたら負けだ」とか「人前で泣くのは恥ずかしい」と、グッと涙を飲み込む。そんな経験に心当たりがある独女も多いだろう。そうやって、徐々に素直に泣く術を忘れていくのかもしれない。

そんな独女達だが、お勧めの映画や本を語る時、「泣けるよー!」と言うコメントが圧倒的に多い。実体験で流す涙を否定しつつ、物語の登場人物に降りかかる悲しみや怒りに同調して泣く自分を求め、泣けた事でどこか安心する。しかし、これは単なる自己満足でも、おかしな事でも何でもないのだ。

OCNの特集「涙が教える感情メカニズム」によると、悲しい・悔しい・嬉しいなど、さまざまな感情が昂ぶって、自律神経を刺激した際に分泌されるのが涙であり、そこに含まれるホルモンの作用で、涙にはストレス物質を体外に排出する働きと、リラックス効果があるらしい...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース